網走監獄 ~暑苦しい労働風景編~

昨日から始めました監獄レポート第二回です
今日は受刑者の労働風景について前回と同じく
人形のアップをメインにしておとどけします
休泊所の次に訪れたのは網走監獄にも設置されていた鍛冶屋
当時の鍛冶屋は生産活動に用いる農具や漁具
家庭用の包丁まで幅広く生産を行う重要な役割を担っていた
暑苦しいというよりは本当に熱いことでしょう
今は溶接作業などは機械がやってくれる時代だからね
c0209578_5192575.jpg

これはハンマーで鉄の鍛造を行っている所かな
最初の写真の方と二人一組で作業している風景
何か餅つきを思い出した。タイミングよく金床で鉄を叩いていく
誤って手を打ったら漫画みたいに親指が腫れるだけではすまなそうだ
c0209578_528038.jpg

これは鉋(かんな)で木材を平滑にしている所
この鉋は簡単そうで結構扱いが難しかったのを覚えている
私は小学生の頃、図画工作クラブという所に入っていて
ひたすら木材に鑢(やすり)をかけるという作業を4年間くらいやっていた
地味なうえ意味不明な青春をおくったことを今でも後悔している
c0209578_541148.jpg

受刑者は労働の後はお風呂に入る。気持がよさそうな表情しています
しかし風呂一つにも時間やら持込み制限やら規則だらけ
汗水流して働いたのだから風呂くらいゆっくり入れてあげてもいいのに
でも罪を犯したことを認識させるには厳しくするしかないのだろうね
隠すべき所はしっかり隠した絶妙なアングルで写真を撮りました!
ところで後ろの人は何をまじまじとお尻を吟味しているのか。何か危険な香りが
下品な締め方で申し訳ありませんが第2回目もこれにて終了です
明日は感動?の最終回~マイキーと仲間達編~を御送りします
よろしかったらご覧下さい!
c0209578_554221.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-11-29 05:56 | 風鈴日記