カテゴリ:旅する漂着物( 7 )

海が見たい

果実が実る
c0209578_14221340.jpg

やがて海流に運ばれ
c0209578_14234071.jpg

辿り着いた砂浜で発芽するココヤシ
c0209578_1426379.jpg

・・・・・海に行きたいな。ここを下っていけばあるいは
c0209578_1431483.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-02-19 14:33 | 旅する漂着物

メッセージボトル

空き瓶の中に伝えたい想いを添えて海に流したことがありますか?
メッセージボトルと言うのかな。遠い異国の人へと渡れば素敵だ
しかし大抵は潮の流れに乗り近くの海岸へと流れ着くと思うけど
私も流してみようかな割と近くにあるロシアに向けて
c0209578_2455736.jpg

実は過去に2回ほどメッセージボトルを拾ったことがある
一つは有りがちだが学生が書いたと思われる恋文
何というかポエム調でメルヘンチックだった。これは再び海へ還した
そしてもう一つこれが問題。びっしりと汚い字が書き殴られた手紙
なにか強い私怨の様なものを感じた。見てはいけないものを見てしまった
これは誰の目にも触れぬよう地中奥深くに葬っておいた
まぁ行き場のない思いを人に当たり散らすよりも
母なる海へ向けて昇華する方法はとてもいいと思う
しかし稀ではあるが受信してしまう人がいることも忘れずに!
c0209578_2595122.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-19 03:01 | 旅する漂着物

三輪車で日本一周

海辺に放置された三輪車。誰が乗り捨てていったのだろう
この海岸をずっと真っすぐ行けば知床半島の先端にいきつく
『ちょっと知床まで』と誰かが旅をしていたのかも知れない
私も海岸沿いを自転車で駆けながら日本一周がしたい
無理だと言われてもせめて房総半島一周くらいはしたいな
この風景の向こうにはどんな素晴らしい感動が待っているのだろう
またどの様な人がいて、どんな人生を歩んでいるのだろう
想像しているばかりでは死ぬまで向こうの景色には出会えない
想像しているからこそ歩きたくなる、走りたくなる
c0209578_1453750.jpg

人間の力に限界があるとは思いたくはない
時間をかければたとえ三輪車でも日本一周できると信じている
この三輪車も『さぁ乗れ!』とばかりにスタンバイしている
誰かやってみてはいかがですか?私はやらない!
c0209578_274929.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-11 02:12 | 旅する漂着物

テレビは見ていた

綺麗な海と白い雲を映し出しているテレビを発見
漂流してきたものではなく不法投棄されたものであろう
雲の観察を行っているけど名前がなかなか覚えられない
このテレビは来る日も来る日も空を観察し続けた大先輩
幸せだね。毎日つまらない映像を映さなければならなかった日々を
自然の美しい風景を映し出す毎日に変えたのだから
今度、私に雲の名前を教えてくれないかなぁ
c0209578_1303850.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-07 01:36 | 旅する漂着物

貝殻の絨毯

今年最初に落葉した木の葉が腐食し始め、土となって還りつつある
その上に新しい木の葉が重なり層になっている
短い期間にだけ見ることのできる生命の歴史がある
この大きな貝殻の下にも無数の貝片が敷き詰められている
いわば貝殻の絨毯だ。これが森の木の葉を連想させた
貝文字でも書いて帰ろうかと思ったが、ものの数分で
私の創った作品は波に浚われて消えていってしまった
一見、統一性がない様にも見える幾何学模様は
自然が作り出した素晴らしい芸術だ
どうやっても人間が敵わないものを自然は持っている気がする
c0209578_3105889.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-02 03:12 | 旅する漂着物

地球を照らす電球

クリスマスも近くなると配色豊かな電球が町を彩る
それだけでなく灯りというものは人にはなくてはならないものだ
海を散歩しているところ壊れた電球に出会った
どこから漂着したか定かではないが、寿命がつきている
灯りのともらない電球に価値はない・・・?
いえいえ灯りは灯っていました。現に私は立ち止った
地形の変化に乏しく、ただ一直線に美しい海外線の
ある一点を見事に照らしあげている様に感じる
ここの足元は電球のおかげで独特の世界観がある
いつも何かを引き立たせる役目を担う電球
今日ばかりは君が主役だ!
c0209578_626477.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-11-25 06:30 | 旅する漂着物

漂う海月

日本は四方を海に囲まれ漂着物の種類は非常に豊富だという
海岸を散歩してみると確かに多くの漂着物を目にする
毎日どこか彼方から旅をしてくるとは興味深い
そこで今回から私が発見した漂着物を晒してみることにする
これを見て海岸のゴミ問題について考えるというわけではなく
単なる趣味で始めることにする。宝探しみたいで面白いと思う
第一弾は海月の破片らしきもの。漂うと言うかもう漂着している訳だが
c0209578_414711.jpg

大きな塊を発見!足でつつくとぶよぶよとした感触が残る
不用意には触らない。小さい頃に刺されて泣く思いをしたからだ
漂着した生物は死んでいると思いきや、まだ生きているものもいる
海月には一刺しで人間を死に至らしめる種もいるから気をつけよう
c0209578_4172579.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-11-18 04:20 | 旅する漂着物