タグ:シルエット写真 ( 21 ) タグの人気記事

川面

慣れしたんだ小川沿いの道も季節が移ろうことで変化がある
いつのまにかケヤキの葉により木陰ができていた
こんな所にケヤキが生えていたんだとふと気付く
冬までは裸だったが今は青々と茂る葉が誇らしげだ
川は今、生命に溢れているよ
c0209578_22331339.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-05-20 22:33 | シルエット写真

和柄大好き

シルエット写真を撮る度に切り絵をやってみたくなる
白と黒のコントラストが織り成す世界は味わい深い
でも私は手先が不器用なので想像通りにはいかないだろう
不器用なのは確かだけどいつ不器用と決め付けたのかなぁ
思い込みか、はたまた生まれた頃からの才能なのか
これしきのことで退くにはあまりにも惜しい世界だ
だって純粋に美しいと思えるものだから
c0209578_165619100.jpg

この柄で点灯するアロマランプが欲しいなー
[PR]
by sudarenagori | 2010-02-27 16:58 | シルエット写真

ごめんなさい

生意気なことばかり言ってごめんなさい。ごめんなさい
嘘をついてしまいごめんなさい。ごめんなさい
逃げてばかりでごめんなさい。ごめんなさい

熱湯に思わず手を引っ込めるのは反射運動
私のごめんなさいは身を守る為の反射運動
感情がこもっていないからただの反射運動

気持悪い文章を読んだあなたにごめんなさい。ごめんなさい
別にごめんなさいじゃないけどごめんなさい。ごめんなさい

ブログは朝陽が美しい頃に書くものですね。夜書くからこのザマなんだよな
c0209578_4421850.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-01-23 04:46 | シルエット写真

エゴ

つい最近、仲間由紀恵の出演していた番組で高尾山が紹介されていたけど
高尾山に圏央道に続くトンネルを掘っているという話を聞いて驚いた
すぐ近くの馴染みある山なのでもちろん私もトンネルなんて反対だ
圏央道ができれば首都圏の渋滞緩和に大きく貢献するという点が上げられる
大きな視点から見れば都市部の公害問題の緩和に繋がりそうではある
しかしトンネルが高尾山に悪影響を全く及ぼさないとも思えない
知識も経験も乏しい私は、大きな視点から環境を見ることなんてとても無理だ
やはり目先の思い入れのあるものを最優先にするから反対といっているだけなのでしょう
私は高尾山が好き。植物が好き。自然が好き。これだけは本当のこと
春になったら草本の観察の為に高尾山に登りたい。もちろん植物を傷つける様なことはしない
だけど知識が得たいから山に登るって、それは単なる私のエゴでしかないのかも知れない
自称植物大好きな私が剥き出しになって傷ついた木の根を踏みながら山を登る時
山は泣いているのかな・・・?
c0209578_2434259.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-01-13 02:52 | シルエット写真

足踏み

毎年、北海道から午後の便で羽田空港に帰ってくる
その頃になると辺りは薄暗くなって大きなビルに明かりが灯り始める
音楽を聴きながら浜松町に向かってモノレールに乗るのだが
この羽田ー浜松町間の夕暮れ時の景色がとても好きだ
でも人の多い都会で写真を撮るのは恥ずかしい
だから今日も遠くから高いビルのシルエットを眺めている
人混みで立ち止まってたそがれているのも恥ずかしい
人目を気にしすぎて都会の美しい光景に気づけていないとしたら寂しい
c0209578_16311173.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-01-10 16:34 | シルエット写真

切れないもの

外に出る時、財布以外に必ず持ち歩くものがある
一つは大好きなもので、もう一つは大嫌いなものだ
好きなものは音楽プレーヤーである
景色を眺めながら音楽を聴くと景色が違って見えるから
高校生の頃まで音楽など聴きもしなかったのだが
外に出る機会が多くなってからは大事な宝物になった
嫌いなものは携帯である。理由はありがちなこと
時に煩わしく破壊したくなるがこれがないと不便だ
そういえば何が不便なんだろう?不便って何だろうね・・
c0209578_341514.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-22 03:07 | シルエット写真

鉄塔ノスタルジア

夕暮れ時に山の上にある鉄塔の美しさに心を動かされたことがある
シルエット写真においては個々にファンがいる鉄塔や電線
こんなに巨大でありながら意識しなければ気にかけることもない
山から山へと大きく跨り消える鉄塔の始まりと終わりはどこなのだろう
鉄塔はどこにでもあるけど、私が好きなのは広い田んぼに建つ鉄塔
人によっては遠い少年時代を彷彿させる風景の一部なのではないかな
そして大きい入道雲なんかが後ろに映っていると最高の景色なんだけどね
やっぱり鉄塔撮るのは夏がいいな。夏自体がノスタルジックで好きなんだよね
c0209578_213277.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-13 02:19 | シルエット写真

無数の隕石

冬至が近づき太陽の高度が低い。おやつの時間には陽が沈み始める
影は太陽の高度が低いほど長くなるから今頃が一番長いのかな
冬至は影の長さを測って導き出すとも聞いたことがある
小さな石ころにも実に長い影がくっついているのが面白い
まるで空から降ってくる隕石の様だ。影はその軌跡に見える
後ろで夕日に染まる森は太陽。気分は宇宙旅行
c0209578_1253935.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-09 01:30 | シルエット写真

絵本の世界

工場からの煙が雲の様に見える。夕立でもきそうな迫力だ
少し前に工場の美しさに魅かれる人が増えたとニュースであった
確かにフォルムが素敵だし、夜は鮮やかな色でライトアップされる
でもこの絶え間なく吐き出される煙は環境には悪いのだろうね
ひらめいた!『雲生産工場』なんてのはいかかでしょう?
汚い煙ではなく本当の雲を飛ばして空を鮮やかに彩る工場!
「雲は工場の煙から出来ているんだよ」なんて・・・
小さな子供がよく親にからかわれていると思う
でも本当にできたらいいな。毎日でも通うよ私は
一文の得にならなくても夢があって素敵だと思うけどな
c0209578_1335340.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-08 01:36 | シルエット写真

二度目の朝

空の向こうに夕日が沈む。いや朝陽が登るのかな?
太陽の動きを見ていればそれは誰でも分かることだけど
例えば一枚の絵画からそれを読み取ることが出来るだろうか
外にいるからこそ分かることがある。その一つが外の空気
朝日が昇る頃、体を突き刺すような寒く乾いた空気
夕日が沈む頃、ゆっくりと忍び寄る寒く湿った空気
気象条件や気候によって違いはもちろんあるけど
これは私が持っている根底的なイメージ
この写真は夕暮れ時にふと立ち止まって撮ったもの
網走の気温はとうとうマイナスに達してしまい
露出している素肌は瞬く間に真っ赤になってしまう鋭い寒さ
こうしているとまるで朝日を眺めている様だ
c0209578_218194.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-12-01 02:22 | シルエット写真