タグ:風鈴日記 ( 15 ) タグの人気記事

インスピレーション2

今年も楽しみであったデザインフェスタに行ってきた
会場でほのかに漂う絵の具の香りが非常に心地いい空間だ
僕はここに出展している芸術家の方々を尊敬しているので
会話してもらうだけでも感動する。有意義な一日だった
c0209578_23135464.jpg

どの様に生きればここまでの領域に達するのか分からないが
日々他の人では考え付かない何かが頭の中を巡っているのだろう
私もその世界を覗いてみたい。入口でもいいから立たせてもらえないかな・・
c0209578_23165291.jpg

エネルギーだ!ここは会場に収まりきらないエネルギーの塊である
今、日本を上から見たとするならば、ここだけ眩しい光に包まれているだろうよ
c0209578_2319745.jpg

最後に言いたいのはここにいる人、出展している人、見て回るお客さん
皆、楽しそうだ。心が躍るというか、本当に踊っているだろう
そんな一体感を感じることができる。生きていてよかった瞬間か
c0209578_23211940.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-05-18 23:22 | 風鈴日記

なし

世の中分からないことだらけ。理解できないから知識を得ようとする
頭が固いと素直に物事を受け入れず、理屈を並べたりする
不思議だと思う。自然の中に身を置いていると、知らないことだらけなのに
迷うより先に新鮮な感動が心の中に沸いてくる
いつも感謝している。まだ錆ついていない部分があるようだから
できるならそのまま柔らかい君でいてほしい
重くて役ただずな百科事典になるのは怖い。怖い
c0209578_1502831.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-04-23 01:53 | 風鈴日記

夢の裏舞台

絵に順位や点数をつけることはできないと思う
この私の言葉が始まりでした。これに現役の画家さんが答えます。
それでは美術業界は成り立たない、落選する人もいれば入選する人もいる
血反吐を吐きながらもなんとか認められるように努力を繰り返す、
その作品達の中から順位をつけなければいけない苦しみがある、
皆、人生を賭けている。そんな人達に対して失礼だと・・
私は絵でも音楽でもア―ティストと呼ばれる方々を尊敬しています
それは豊かな想像力もありますが、最も尊敬していたのは・・
枠に囚われない柔軟な思考、彼等は私にとって自由の象徴なんです
浅はかな発言は確かに私の方で平謝りをしました。しかし・・・
発せられた回答に落胆し、悲しくてたまらなかった・・・
柔らかなタッチとやさしい色彩で描かれた周囲の絵画が、
急にどぎつい蛍光色に見えて吐きそうになった
c0209578_7534212.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-01-30 07:56 | 風鈴日記

本物の感動

旅の写真をテーマにした催しが恵比寿の写真美術館で開催されていたので行ってきた
ところで写真に上手、下手なんてあるものかな?そんなものないと思うけど
ピントがぼけた写真を好む人がいる。万人に受ける構図なんて存在しない
ようは対象の写真と自身とのフィーリングによって受け取る感情が左右されると思う
絵画も同じじゃないかな、ただの1本の線をピカソが描いたといえば人が群がる
変な知識が純粋に芸術を見る目を曇らし、別の部分に感銘を受けてしまう
今回の催しでは百瀬俊哉さんの都市における人のいない風景写真が好きかな
鳥肌が立ったり、電撃が走ったり、それが本物の感動かな
c0209578_2435973.jpg

しかし洒落た町だなー。都心は来ることが少ないから新鮮だ
c0209578_252199.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-01-22 02:55 | 風鈴日記

猫じゃないか

軽い風邪を拗らせてコタツに入ってミカンを食べていたら余計に体がだるくなって
気合で吹き飛ばすべく、とち狂って市営プールで2時間ほど蛙になったら寒気がして
何を考えたか缶チュウハイをたくさん飲んで河原をマラソンしたら倒れそうになった
その際、河原のガード下の壁に描かれた寒い絵に大爆笑してしまったのが今でも悔しい
理由は分からないが気分がハイになることが時たまにある、今日は最悪のタイミングであった
おかげで顔が青いけど何か今日は少し幸せだった様な気がする・・・ん?
c0209578_2151525.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2010-01-12 02:20 | 風鈴日記

飛び込み自殺

札幌と青森をつなぐ‘急行はまなす’は貧乏旅行の救世主
今回の18切符による4日間の旅でもお世話になった
しかし稀なアクシデントに遭遇したのでそのことを話したい
時刻は深夜、場所は登別辺りを走行している所だった
電車が急にブレーキをかけたので私は目を覚ました
車内アンナウンスによると雪の塊に接触したらしい
雪国ならではだと思い車掌さんが修理するのを待つことに
c0209578_220618.jpg

すると雪塊ではなく野生鹿が接触したことが発覚
北海道では車と接触事故をやたら引き起こすエゾシカ
あの2mを超える巨体の割りに脳みそは飴玉なのか
私には飛び込み自殺をしたい様にしか見えないのだが
この鹿のおかげで1時間も立ち往生してしまった
衝撃により夜泣きを始めてしまった子供をあやす母親
飛び込み自殺がいかに人に迷惑がかかるか理解した
c0209578_22201412.jpg

旅の模様を休んでいた分、少しハイペースで更新します
[PR]
by sudarenagori | 2009-12-30 22:24 | 風鈴日記
網走監獄レポートも今日で最終回にします
最後は刑務所職員の宿舎である看守長屋を紹介
刑務所で働いた職員を家族が暖かく迎える
受刑者を鬼の様な目で監視し続ける看守だが
家に帰ると制服を脱いで終始リラックスしている
c0209578_6184145.jpg

網走監獄に入って初の女性を発見。お母さんだろう
そういえば女性の受刑者は居たのだろうか
男性ばかり(しかも強面)なので何か新鮮ではある
しかしこんな所に住みたくないな。塀に囲まれているとはいえ
多くの受刑者の近くに家族はおいておきたくないでしょう
c0209578_550763.jpg

マイキーがいました!似ていると思いませんか?
マイキーとはオー!マイキーというマネキンドラマに出てくる男の子です
この写真が載せたかったので今回の特集を組んだわけです
写真はこれで終わりです。3日間も気味の悪い人形を載せてすみますん
多分、この様な写真を載せるのも最初で最後だと思うので
明日からはいつも通り自然の写真を掲載するのでよろしくお願いします!
c0209578_6145845.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-11-30 06:20 | 風鈴日記
昨日から始めました監獄レポート第二回です
今日は受刑者の労働風景について前回と同じく
人形のアップをメインにしておとどけします
休泊所の次に訪れたのは網走監獄にも設置されていた鍛冶屋
当時の鍛冶屋は生産活動に用いる農具や漁具
家庭用の包丁まで幅広く生産を行う重要な役割を担っていた
暑苦しいというよりは本当に熱いことでしょう
今は溶接作業などは機械がやってくれる時代だからね
c0209578_5192575.jpg

これはハンマーで鉄の鍛造を行っている所かな
最初の写真の方と二人一組で作業している風景
何か餅つきを思い出した。タイミングよく金床で鉄を叩いていく
誤って手を打ったら漫画みたいに親指が腫れるだけではすまなそうだ
c0209578_528038.jpg

これは鉋(かんな)で木材を平滑にしている所
この鉋は簡単そうで結構扱いが難しかったのを覚えている
私は小学生の頃、図画工作クラブという所に入っていて
ひたすら木材に鑢(やすり)をかけるという作業を4年間くらいやっていた
地味なうえ意味不明な青春をおくったことを今でも後悔している
c0209578_541148.jpg

受刑者は労働の後はお風呂に入る。気持がよさそうな表情しています
しかし風呂一つにも時間やら持込み制限やら規則だらけ
汗水流して働いたのだから風呂くらいゆっくり入れてあげてもいいのに
でも罪を犯したことを認識させるには厳しくするしかないのだろうね
隠すべき所はしっかり隠した絶妙なアングルで写真を撮りました!
ところで後ろの人は何をまじまじとお尻を吟味しているのか。何か危険な香りが
下品な締め方で申し訳ありませんが第2回目もこれにて終了です
明日は感動?の最終回~マイキーと仲間達編~を御送りします
よろしかったらご覧下さい!
c0209578_554221.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-11-29 05:56 | 風鈴日記
住み慣れた場所でも実は知らなかった場所
知っているのに足を運ばなかった場所というものがある
私は4年間、網走に住んでいるがこの有名な網走監獄に行ったことがない
そこで今日は寒空の下、網走監獄を見学することにした
周囲の景色は寂しいが、冬の網走監獄の方がそれらしい
とはいえ写真はいくらでも検索すれば出てくるので
私は監獄内の人形達をアップで撮った写真を公開します
枚数が多いので3部構成にしようと思います
c0209578_4263812.jpg

受刑者達が日帰りできない労働をする場合泊る所を休泊所という
工事の進行に伴い休泊所を解体して移動するので
別名「動く監獄」という。現在のタコ部屋の元になったものらしい
だめだホラー映画のワンシーンにしか見えない・・・
一部の人形は急に動くのでお化け屋敷を彷彿とさせる
c0209578_447205.jpg

お邪魔しますと入ったらさっそく出迎えてくれたおじさん
一人だけ片膝ついて起きている。眠れない気持ちは分かります
他の皆さんは顔まですっぽり布団をかぶり息はしていない様だし
つねに看守の目線に晒されていないといけないから
この多くの人形の中に実は生きている人間が混じっている・・
そんな馬鹿なと思いつつも一体ずつ確認する私なのでした
c0209578_525323.jpg

突然のフラッシュに目をくらます受刑者の一人
寝起きなのに悪いことをしました
c0209578_59198.jpg

さて今回はこの目を開けたまま眠る器用な受刑者で終わりにします
明日は~暑苦しい労働風景編~をお送りします
最後に良くできた人形だと思い、まじまじと見つめた挙句
写真まで撮ってしまった職員のおじさん。心からお詫び申し上げます 
c0209578_518427.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-11-28 05:22 | 風鈴日記

塩ひよこ

友人から‘塩ひよこ’をお土産に送って頂きました
電話で聞いた時は焼き鳥か何かと勘違いしており
好物なので楽しみにしていたら和菓子だった
でも甘いものにも目がないので美味しく頂いた(頭から)
中に小豆あんが入っており、甘さ控えめで美味しい
だけど塩・・?控えめな甘さは塩が入っているからなのか
塩キャラメル共々、どうも塩が入っている気がしないのだが
お菓子における塩と焼き鳥の塩はニュアンスが違うのかな
昔、家族でラーメン屋に行った時、私はなかなか美味いと思っていたら
他の皆はこんな不味いラーメンは初めてだと言っていたことに驚いた
やはり私は味音痴なのかな。舌が麻痺しているから
塩ひよこと人形焼きの違いも分からないのかも知れない
そんなことより今日の網走は久しぶりに晴れるらしい!
卒論あるけど、そんなことより私を待っている景色があるので
今日は徹夜して早朝から塩ひよこ(食料)持って行ってきます!
c0209578_381077.jpg

[PR]
by sudarenagori | 2009-11-15 03:10 | 風鈴日記